雨漏り調査、修理をお考えなら大阪雨漏り職人 エース

運営会社 株式会社 エース TEL 0120-25-1030 【営業時間】 9:00〜17:00 【定休日】 年中無休

雨漏り調査・修理の無料相談窓

HOME > 大阪雨漏り職人のサービス:修理・リフォーム

大阪雨漏り職人のサービス

カテゴリーを選んでください。

修理・リフォーム

雨漏りの修理・リフォームについて

雨漏り修理費用の目安
雨漏り修理費用は、雨漏りのケースまたは、修理方法や修理範囲によって価格は大きく変わります。

例えば、
(1)外側からの雨水浸入を止めるだけの応急処置の場合。
(2)雨漏りのある構造部や内装仕上げ面まで修繕する場合。


とでは修理費用は大きく変わり、雨漏りが複数カ所ある、または二次被害がどこまで及んでいるかによっても修理費用は変動します。

『屋根から雨漏りしての天井にしみがある場合』の例をあげてご説明します。

知らないうちに瓦が割れてしまいこれが原因で雨漏りし、天井にしみが広がっているとします。
この場合、
(1)雨水の浸入を止める為の屋根の補修。
(2)内装の修復。


の2点つの対応が必要となり、屋根の補修に天井ボード・クロスの張り替え作業費用が必要です。

もし発見が遅れ屋根下地が腐っていたら?この腐った木構造部分の修繕も対応を行わなければなりません。

更に作業が追加になり、このように
(1)屋根の補修費用
(2)内装の修復費用
(3)構造体の補強費用


の3つを併せて行うのが理想的な雨漏り修理といえます。

割れた瓦を差し替えたりシーリング材で隙間やひび割れを埋めたりと数時間程度で終わるような対応では、修理費用が2〜3万くらいで作業可能ではあります。ですがこの対応は応急処置となり再発する可能性が高いのでお勧め出来ません。

原因を追究した上での徹底した補修と建物の修繕を行うなど根本的な対策が出来ていなければ雨漏りは再発してしまいます。ですが『費用が気になる』『予算が決まっている』とお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。大阪雨漏り職人ではお客様にあった最適な修理をご提案いたします。

お気軽にご相談ください!

雨漏り修理費用の目安

雨漏りの原因が一カ所ではない場合や、柱や梁(はり)などの建築構造を支える骨組み部分の躯体(くたい)への被害が及んでいるかどうかなど様々な症状によって修理する範囲・価格が変わります。また、行う修理は応急処置レベルで良いのか、根本的な対策を行うかによって価格は大きく変わります。
よって雨漏り修理のケースは様々ですので、実際に現場を見てみない事には正確な見積もりを出すのは難しいですが、過去の例からある程度の平均価格帯を算出いたしましたのでご参考ください。

築15年未満の瓦屋根の雨漏り修理費用の目安
瓦屋根の雨漏り修理費用の目安は10万円〜25万円くらいが平均価格帯です。
瓦にひびや割れ目があるとそこから雨水が浸入するので瓦の修繕や張り替えなどが必要となります。また、屋根の形や棟瓦の高さ、建物の立地条件、既存瓦の劣化度合いなどにより価格が変動します。
内装被害の現状復旧費用は、天井の張替え費用の目安が15万円〜25万円くらいが平均価格帯です。

50m²未満のカラーベスト屋根の雨漏り修理費用の目安
ストレート屋根とも言われるカラーベスト屋根の修理費用の目安は25万円〜30万円くらいが平均価格帯です。
カラーベストの場合は、部分的な張り替えでは雨漏りは止まりません。少なくとも勾配が変わる屋根の一面、または棟から半分などの範囲でカラーベストを剥がし、下葺き材(したぶきざい)である屋根ルーフィング(屋根の下地に貼る防水を目的としたシート状材料)から張り替えなければなりません。
また、屋根下地に腐食などの被害が及んでいる場合には下地から張り替えなければなりませんので追加費用が発生します。

100m²未満のガルバリウム鋼板瓦棒屋根の修理費用の目安
100m²未満のガルバリウム鋼板もしくはカラー鋼板の瓦棒屋根の雨漏り修理費用の目安は50万円〜75万円くらいが平均価格帯です。
瓦棒屋根は緩勾配屋根の場合が多く、下葺き材(したぶきざい)である屋根ルーフィング(屋根の下地に貼る防水を目的としたシート状材料)に問題があることがほとんどで、屋根ルーフィング材から張り替える必要があります。また屋根下地に腐食やカビの繁殖などの被害が及んでいれば追加で下地補修費用が発生します。

築10年未満の住宅のジョリパッド仕上げの外壁の雨漏りの場合
ジョリパッドで塗装された外壁の雨漏り修理費用の目安は70万円〜120万円くらいが平均価格帯です。
ただし、階数や建物の立地条件などによって価格は変動します。内装の現状復旧工事や、柱や梁(はり)などの建築構造を支える骨組み部分である躯体(くたい)の補修費用は含まれておりません。また築10年未満の場合は外部、内部の修補も含めて住宅瑕疵担保責任保険が適用されます。

3階建て鉄骨ALC造タイル張りの外壁の雨漏りの修理費用の目安
雨漏り修理費用の目安は50万円〜100万円くらいが平均価格帯です。
ただし、使用されているものと同じタイルがない場合にはタイル制作費として別途35万円の追加費用が発生します。タイル制作費については新たに焼きますので、費用は一窯1枚〜5000枚までは同じです。

100m²未満の屋上からの雨漏りの修理費用の目安
100m²未満の屋上の雨漏り修理費用の目安は25万円〜50万円くらいが平均価格帯です。
ただし屋上に倉庫を設置していたり、花壇やエアコンの室外機がある場合には別途移設費用などが発生します。
一般の住宅の屋上の面積がおよそ100m²ですから、およそルーフバルコニー程度の面積といえます。

200m²未満の集合住宅の屋上からの雨漏りの修理費用の目安
雨漏り修理費用の目安は75万円〜100万円くらいが平均価格帯です。
屋上の場合は元から施してある防水塗装が、防水層が露出している露出防水なのか、あるいはコンクリート保護防水なのかによって費用は大きく変動します。露出防水なら部分補修での対応が可能ですが、コンクリート保護防水の場合は部分補修が出来ないので全面改修となります。

10m²未満のベランダからの雨漏りの修理費用の目安
10m²未満のベランダからの雨漏り修理費用の目安は8万円〜15万円くらいが平均価格帯です。
ただし、ベランダの手すり壁が腐食していたり、床板が腐食している場合には壁や床を剥がして下地から修理しなければならないため別途修理費用が必要となります。下地の補修に必要な費用の目安は15〜25万円くらいが平均価格帯ですが、室内を通って工事ができない場合には昇降用の足場が必要になるため別途費用が発生します。



外壁塗装や屋根の工事や水廻りなどリフォーム出来ます!

雨漏り修理のついでに外壁塗装や屋根の工事や水廻りなどリフォームはいかがでしょうか?
お家の気になるところご相談いただけます。

足場を設置して施工する雨漏り修理の場合は、ついでにお家の外側のリフォームもお考えください!足場の設置が1回で済みますのでその分費用もお得です!


施工完了保証書
施工完了のチェックシートと保証書をお渡ししております。
補修や手直しなどのアフターメンテナンスをお約束するものとなります。
大阪雨漏り職人はただただ施工して終わるのではなく、【お客様の大切なお宅を守る】であることを常に考えております。


地域巡回点検サービス
大阪府豊中市を拠点とし、常に現場や顧客様を回りながら、ご訪問サービスを行っております。
メンテナンスハガキや電話などでは伝わらなかった事象に対しプロの直接の視点でスピーディーにお応えするサービスです。

まずはご相談ください!相談は無料です!

menu

TEL